福祉用具のレンタル・販売 医療器具販売 住宅改修 | 株式会社ワカミヤ商会

トップ > 企業情報

企業情報

会社沿革

創業者 若宮 成満

霊峰白山をご神体山と仰ぐ、南正面道の登拝ロ、表日木に於ける白山信仰の拠点である、白山長瀧神社(郡上市白鳥町北濃)が建立されています。若宮家は1250年前より今日までも、白山長瀧神社に代々神主として仕え、奉仕する宮司であります。
神主であり、創業社長である若宮成満は終戦直後、前大垣市民病院院長、故森先生(前、大垣市長)を頼り大垣に出てまいりました、未経験ながら、その森先生にご指導いただき、医療器械業の第一歩を踏み出し、創業したのが今日の始まりです。

囗 昭和22(1947)年3月 創業65年
大垣市竹島町にて若宮器械店を創業、医療器械販売事業を開始 未経験、仕入先不明で、商品の品揃えに苦労した日々であり、競合他社の荷例を参考に苦戦を強いられた。

囗 昭和36(1961)年
樹脂成型品加工業の成満化学工業(株)を設立、のち若宮器械店と成満化学工業を統合する。

囗 昭和37(1962)年
株式会社ワカミヤ商会を設立、医療器械店販売業のみに特化する
代表取締役に若宮成満が就任
業績は好調に推移し、岐阜県全域に販売網を拡大する、特に地元、西濃地区に於いて基盤を強化した。

囗 昭和54(1979)年9月
ホームヘルスケーワカミヤを大垣市民病院前に開設(のちに介護保険法施行により、ワカミヤ商会に移転統合、廃止)

囗 昭和54(1979)年10月
若宮清子社長就任。創業社長 若宮成満 死去に伴い交代

囗 平成4(1992)年6月1日
レンタルドクター開設 レンタルベット、車椅子、呼吸器、杖、歩行器床ずれ防止マットレスなどのレンタルを開始する。大垣市に於ける、ギャチベットなどの貸与事業開始

囗 平成7(1995)年5月
株)ワカミヤ商会本社 新築

囗 平成 10(1998)年 7 月
佐藤 有 社土長就任

囗 平成 12(2000)年 4 月
アシストケアワカミヤを開設する 介護保険法執行にともない、従来から営業中の医療器、福祉用具レンタルのレンタルドクターを全面廃止し、 アシストケアワカミヤに全権、 移行する。
岐阜県内に於ける、介護保険法に基く、 自社レンタルで福祉用具貸与事業を開始。 同施設内にて営業(事業所番号 2172100352)

囗 平成 15(2004)年 1月
同業他社向けに福祉用具レンタル卸を開始する、 愛知県、 三重県、岐阜県丶奈良県、静岡県などの業者に卸し事業開始。

囗 平成 16(2005)年 10月
医療器具製造会社アスモ創業し、 自社製初のオリジナル商品、尿コップ (商品名アスモ、ハルンカップ 6.5 オンス、7.0 オンス)とその蓋を新発売、 意匠権取得、 採尿が一目瞭然である 「ココマデ」などの表示があり、好評、これを機に全国展開を開始する

囗 平成 16(2005) 11月
折畳み式尿コップ開発、新発売

囗 平成 16(2005)年 10月
アシストケアワカミヤに対して福祉用具消毒管理適応認定書を授受、対外的シルバーマークを付帯

囗 平成 19(2007))年 8月
ワンタッチ開閉スクリュースピッツの開発に成功 (2012.8特許取得)

囗 平成 19 (2007)年 9月
ワンタッチ開閉スクリュースピッツ、岐阜県自業可能性評価審査にてA評価授与、 テレビ、新聞等にて取り上げられる

囗 平成20 (2008)年 4月
ワンタッチ開閉スクリュースピッツ産のため金型開発に着手

囗 平成20 (2008)年 9月
ワンタッチ開閉スクリュースピッツの産型第一号を製造する

囗 平成20 (2008)年 9月
米国、 韓国に於ける、 ワンタッチ開閉スクリュースピッツの意匠登録申請する

囗 平成21 (2009)年 11月
蓋(ハルンカップ用) 紙製 新発売

囗 平成21 (2009)年 11月
大垣市本今26番地 土地2093.26平方メートル(約635坪) 建物2385.44平方メートル(約722坪)物件取得
平成22年8月 福祉用具レンタル部門のみ移転
平成 22年10月 28 日 本ネ土機能を残し上記(本今)へ移転、大垣南営業所開設

囗 平成22 (2010)年 3月
試験管立紙製 折畳式 新発売

囗 平成22 (2010)年 5月
尿コップ生産製造機 7オンス 2台 6.5 オンス1台を自社にて購入、設置生産開始 参考 郡上市白鳥町長滝 白山長瀧神社 1月6日 花ばい祭り(六日祭り) 延年の 永仁の壺、所蔵 でででん祭り 若宮修古館 母屋 爛桐亭(細雪) 酒器等重要文化財所蔵

ページトップ